自宅サロンを始めるまで【その5・技術との出会い】

今年の2月でサロンをスタートして15年が経ちました。 


数日間はサロンスタートするまでのことを書いています。 


本日はその5 (^-^)/ 良かったら【その1】【その2】【その3】【その4】も読んでいただけたら嬉しいです。



私の自宅サロンをスタートできたのは、ある技術に出会ったから。


その技術とは足で踏むフーレセラピーで、これに出会えなかったら今の私はいないかな(^-^)

今でこそ、フェイシャルが主流のエステサロンですが、元々はボディメンテナスサロンでした。


手で施術する技術を複数のスクールで体験して、やはり無理かもと思った私。


足で踏む、片足で立つなんて、それこそ手より無理って思いますよね。


でも私は趣味でダンスを5年習っていた経験もあり、片足で立つことに違和感がなかったんです。


それよりも私は握力にも自信がなかったし、手も小さめだったこともあり、足で施術するフーレセラピーの技術に興味津々。


迷いもなくスクールに通いながら、地元でどこか借りてサロンをスタートしたいと考えていました。


しかしその頃は、今のように自宅サロンやマンションサロンなどは少なく、住んでいる下町ではサロンとして貸してくれる物件が全くなかったのです。


このままでは習ったフーレセラピーを生かすことができない、どうしよう・・・。


私は親にお願いをして、30年以上経った古屋の自宅の2階を少しだけ改装して、自宅の一室でスタートしました。


今だから言えますが、昼間はサロン、夜は私の寝室(笑)


家の前に手作りの看板、手作りのチラシを作り、近所にポスティング。


OLからフーレセラピストに転身した私のサロンは、自宅サロンでスタートしたのでした。


今でもサロンにはフーレセラピーメニューはありますし、私も大好きな施術です。


それなのに今はフェイシャルサロンとして営業している理由。


なぜフーレセラピーサロンで始めたのに、フェイシャルを導入したのか・・・。


それはひとりのお客様の一言でした。


私が今でもサロンを続けていられるのは、その一言があったから・・・。


次回は、そのお客様の言葉で私のサロンが変わったことを書きますね。





アルファリラクゼーションスペースは、頑張る女性を応援します♪ 

これからもいろいろな形で、女性の笑顔のためにサポートをし続けたいと想っています。 

アルファリラクゼーションスペース 相笠美弥子

若返るエステサロンの通い方&お客様も自分も幸せになるサロンの作り方 アルファリラクゼーションスペース -足立区-

エステサロン&スクール 相笠美弥子 東武スカイツリーライン五反野駅徒歩90秒

0コメント

  • 1000 / 1000