自宅サロンを始めるまで【その4・女社長に学んだこと】

今年の2月でサロンをスタートして15年が経ちました。 


数日間はサロンスタートするまでのことを書いています。 


本日はその4 (^-^)/ 


良かったら【その1】と【その2】【その3】も読んでいただけたら嬉しいです。



女社長の秘書として1年4ヶ月。


体も心もポロポロで体調不良が続き、退職するしかなかった私。


しかし、そんな大変な環境や女社長の性格の中でも得るものがありました。


◇39歳で男社会の業務で起業した女社長のパワー


◇自分が苦手なことは出来る人に全部任せる


◇人を惹きつける外見力の大切さ


◇共感する人と仕事をする


その他にも・・・



もちろん、女社長はこれらのことでいろいろ問題はありました。


いいことは真似をする、よくないことでも勉強になるのです。


私はこの時、39歳で起業した女社長のパワーの素晴らしさを感じ。


人を惹きつける外見力と会話力の凄さ。← 最終的には裏切られましたが(>_<)


自分には出来ないことは人の力を使うことを知る。



今では個人が起業ることは当たり前のような世の中ですが、その頃の私の頭には全くなかった。



この時、心も体もボロボロになっていたので、今まで無縁だった治療院やマッサージ店。


気分転換にエステやスパなどに通うことになりました。


通ってたくさんの人が利用していることも知りました。



そして気がついたんです。


私はストレスで体や心がこんな風になってしまうなんて・・・。


私にはストレスなんて無縁だと思っていたのに・・・。


今まで周りでストレスがと行っていた人を軽蔑していたことを・・・。



◇人はそんなに強くない。


◇頑張りすぎていることに気がつかないこともある。


◇自分を犠牲にして、体も心もボロボロになる。



私は自分が体も心も壊れたことで、ストレス社会でたくさん悩んでいる人がいることを。



私が体験したこの状況にならないように、社会と関わるためには何ができる??


39歳で起業した女社長、私にも何かできるのではないのか・・・。


そう考えた私の頭の中には、お世話になった『マッサージ』、『癒し』、『ストレスをなくす』などが浮かんできました。

そして私は行動することを決意し、まずはマッサージスクールの体験をしに行きました。


いくつかのスクールを体験した結果、私に何かできるが私では無理かもとなってしまったのです。


うーん、そんな簡単に起業なんて甘くはない。


しかしある技術に出会い私の思考は一変、これなら私は絶対できるになったのです。


きっとこの技術に出会わなかったら、今の私はなかったです。


次回は、私のサロンスタートに繋がった技術のお話です。






アルファリラクゼーションスペースは、頑張る女性を応援します♪ 

これからもいろいろな形で、女性の笑顔のためにサポートをし続けたいと想っています。 

アルファリラクゼーションスペース 相笠美弥子



















個人エステサロン開業相談やエステスクールなら現役エステのアルファリラクゼーションスペース -足立区-

エステサロン&スクール 相笠美弥子 東武スカイツリーライン五反野駅徒歩90秒

0コメント

  • 1000 / 1000